2021年 中学受験 伴走の記録

早稲アカで頑張る楽天家の長男に、せっかちな父ちゃんが伴走しています。

ゲシュタルトの祈り

ゲシュタルト療法のフレデリック・パールズの「ゲシュタルトの祈り」。
対人関係の書籍とかで、よくお目にかかりますね。

有名な詩(一節?)なので、いろんな日本語訳があるけれど、
この日本語訳が分かりやすくて一番好きです。



わたしはわたしのことを、あなたはあなたのことをする。
わたしはあなたの期待に応えるために、この世にいるわけではない。
あなたはわたしの期待に応えるために、この世にいるわけではない。
あなたはあなた、わたしはわたし。
もし偶然にお互いが出会えれば、それはすばらしいこと。
もし出会わなければ、それはそれで仕方がないこと。



塾の宿題が終わってないのに、
のほほ〜んとテレビをみてたり、
気が散った状態で解き直しをしてたりすると、
ついカッとなって🤬となっちゃうこと
ありませんか?

自分は未熟者なので月に数回あります😥
そして眠るときに色々と考えちゃうわけです。

そんな時に気持ちを落ち着けるために、
またアタマの中を整理するために、
この一節を思い出すようにしてます。

親が子に期待するのは普通のことですが、
それが押し付けになってちゃダメだなと。

大人なら出来て当たり前の行動でも、
小学生にとっては全く当たり前じゃないし。

親の知識と経験が必ずしも正しいとは限らないし、
今の子どもたちの状況には当て嵌まらなかったり。

中学受験を考えなかったら、
親子共々こんな苦労はせずに済んだかもしれないが、
いずれ違う時期に別のかたちで苦労するのでしょう。

まだ素直に親に向き合ってくれる時期に、
一緒に頑張る経験を積むことができるのが、
中学受験をするメリットの一つだと思ってます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村