2021年 中学受験 伴走の記録

早稲アカで頑張る楽天家の長男に、せっかちな父ちゃんが伴走しています。

【長男読書】「不死身の特攻兵」鴻上尚史

少し時間がかかりましたが、先日長男が「不死身の特攻兵」を読み終わりました。

数ヶ月前に大型書店で自分が興味を持って立ち読みしていたのを、
一緒に本を探していた長男も興味が湧いたようで、読んでみたいとのこと。

少し難しいかな…とも思いましたが、文体や表現に難しいもの少なく、
長男本人が太平洋戦争とかに興味を持っていたこともあり、
児童向け以外の書籍を読む良い機会だと思って購入しました。


ホントはね、父ちゃんが読みたかったんですよ😅
でも長男の興味が向いている機を優先して、長男に先に渡しました。

9回も特攻出撃しながら生きて帰って来た佐々木氏。
あんな時代にそんなことがあり得たのか?
帰還した後はどんな状況だったのか?
自分はそんなところに興味が湧いて読みたくなったのですが、
長男も凡そ同じような興味だったようです。

通塾や外出の空き時間に読むことが多いので、なかなか読み終わりませんでしたが、
ときどき書いてある内容を聞いてみると、比較的しっかり読めている感じでした。

少し戻ったところを読んでいるときもありましたが、
忘れてしまった前出部分を再確認するために読んでいたようです。
長い作品の全体像を捉える練習にはなったかな。

主人公の佐々木氏の気持ちとか、周囲の人の態度とか、
苦手とする心情理解を必要とする部分が多そうですが、
こっちもちょうど良い練習なったかな。

鴻上尚史氏が書いているからか堅苦しい表現が殆どないため、
小学4年生でも苦労せずに読めます。
重松清氏の作品が普通に読めるなら大丈夫でしょう。

ただ内容的に女の子は興味が湧かないかも。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村