2021年 中学受験 伴走の記録

早稲アカで頑張る楽天家の長男に、せっかちな父ちゃんが伴走しています。

【長男の読書】お米は生きている

小3国語の教材で「海は生きている」を読んで気に入り、
その派生で富山和子さんの生きているシリーズを
コツコツと読み続けているうちの一冊。

確か小3最後〜小4最初のあたりで、
この「お米は生きている」も使われていたような…。


教材として使われてる書籍を読むことは、
読解の練習にも繋がるのでオススメです🙂

と国語の先生もおっしゃってましたので、
「問題文のお話で、続きを読んでみたいのがあったら買うよ」
と長男に言ってあります。

自分が知らなかったり食わず嫌いだった分野も、
半強制的に視野に入ってくるので選択肢が増えていくし、
教材ということは、その学年に適切なレベルである証だし、
こっちも本を吟味する負担が軽減されるので一石二鳥。

結果として興味や視野が広がっていくのがわかりますし、
意外と理科や社会の学習にも繋がっていってます。

やっぱり読書はすべての基本だな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村